Column 店主の考え方

Galleria Issyoへようこそおいでくださいました。
こちらでは、当店のようなネットショップを運営するにあたって、制作者が考えていること
をお話したいとおもいます。
突然ですが外食はお好きですか?私は大好きです。私は結婚をしていますので基本的に
自炊ですが、時々外食をします。外食でおいしいものに出会えたら妻として「こんなの
作れるようになりたいな」と刺激を受けることができます。今まで色んなお店に行きました。
その中でもう二度と行かないと決めたお店があります。不味かったから?中にはそれを理由に
行かなくなったお店もあります。でもすごくおいしかったのに行かないと決めたお店がある
んです。それはとあるジンギスカンの店。東京にしては珍しくおいしいラムが食べられたの
で、食事の途中までは最高の気分でした。しかし、店長らしき人が従業員をネチネチと
叱る場面を見てしまいました。それも客前で堂々と。楽しく主人と会話をしながら食事をして
いたのですが、思わず会話をやめて耳をそばだててしまいました。陰湿な感じの低い声が
聞きたくなくても気になってしまいます。テーブルのジンギスカンよりも従業員の萎縮した
表情の方に目が行ってしまいます。楽しかった気分が一気に興ざめしてしまいました。
味の良し悪しは当然ですが、私たちはその店の存在そのものに対価を支払っているはず
です。店員さんが終始ニコニコしていなくてもいいですし、割安なお店に必要以上の
大サービスなんて望みません。しかし客前で叱るというのはいかがなものでしょう?
教育は見えない場所ですればいいことですしね。東京では数少ない貴重なジンギスカンの
店だけに、非常に残念でなりませんでした。どんなにおいしいものを食べていても、不快な
ことが起れば味も何もかも吹っ飛んでしまいます。長い前置きでしたが、どうしてこんな
お話をしたかと言うと、ネットショッピングも構造は同じだと思うからです。
商品はすごくいいのに、店員の対応が不満。・・・だとしたら買いますか?
商品の良し悪しは
言うまでもありませんが、お店側の対応のひとつひとつだってお買上いただいているものだと
考えております。お客様は「もの」を買うという目的はもとより、店員の接客サービスだって
代金に含まれるとお考えのはずです。「もの」がどんなに良いものだとしても、お店の姿勢や
対応いかんで決まる部分って、わりあい多いと思いませんか?
リアルショップとネットショップの違いは直接顔を合わせないということぐらいだと思います。
あとは方法は違えど同じことだと思います。当店は高級志向です。接客を含めてお客様に
高級感を味わっていただきたいと考えております。
当店のお花のセンスをお気に召していただくこと、ひいてはお店自体を愛してもらう、という
スタンスでおります。

近年ネットショッピングが流行ってはいるものの、私はどうも購入しようとする意欲が
いまいちなんです。実店舗で買ったことがある商品と全く同じものをネットショップで買うこと
はあります。しかし航空チケットぐらいです。手にしたことのない商品をネットショップで買う
ということはまずありません。
そんな私が初めてネットショッピングをしたのは3年前のことでした。
ある日、大人数でバーベキューをすることになりました。
ひとつの火を囲むのではなく、何箇所かで火をおこしてスタンダードなバーベキュー、
チゲ鍋、ジンギスカン、鮭のちゃんちゃん焼きなど色々なご馳走を食べられるように
しようと企画しました。私の担当は鮭とジンギスカン用のラム肉の仕入れ
(北海道出身ですからね)。おいしい鮭とラム肉を知っているから仕入れ担当に任命
されたのはとっても光栄。でも困りました。東京で良いラムを扱っているお店は家から
かなり遠いです。魚屋さんで鮭も買わなくてはなりません。数日前に購入して冷凍すると
いう手もありますが、味が落ちてしまう。第一ひとり暮らし用の小さい冷蔵庫に入りきらない!
ふたつの食材を朝早くに仕入れるのは無理です。それにせっかくだから、多少値がはっても
良いものが欲しい。特にジンギスカンは、ほとんどの参加者が食べたことがないはず。
ラムは独特の癖があるので好きになるか嫌いになるか、初めて食した時に決まってしまうこと
だってあります。できるだけ癖がなくて食べ易く、おいしい生ラムがどうしても欲しい!
そこでいい機会だと思い、ネットショップを利用してみることにしました。
北海道で産地直送してくれるお店を探し出し、恐る恐る注文してみました。
すると丁寧なお返事をいただき、指定した日時にきちんと商品が届きました。
別のショップで注文した鮭も届きました。値段の割に立派な鮭!
おかげで鮭のちゃんちゃん焼きもジンギスカンも大好評でした。
こんなふうに、よく知っている商品だったから購入に至ったのですが、手にしたことがない
ものは不安要素に負けて買わないのです。私も女ですから、いつでも可愛い洋服やバッグや
アクセサリーを探しています。ネットで探すこともあります。けれどもどんなに気になるものが
あっても絶対に買わないのです。実店舗があればわざわざ見に行って買います。でもそれって
ネットショップの利便性を全て切り捨てていますよね?どうしてネットショップでの購入に至ら
ないのか?様々な不安材料を解消するに値する十分な情報量が不足している、という結論に
至りました。せっかく写真を掲載していても、ピンぼけだったりワンショットしかない。気になる
部分に限って何も情報が掲載されていない。文字による商品の情報すら少ない。不安材料が
多いから、どんなにお買い得で魅力的な商品だとしても買いたくなくなります。
「実際に手にとってみないと納得できないわ」という気持ちの方が勝ってしまうわけです。
せめて豊富な情報量があれば「問い合わせてみようかな」「試しに買ってみようかな」という
気持ちにはなるはずです。
私のように、よっぽど納得しない限りネットショッピングをしないというお客様もいらっしゃれば、
ひとまず注文してどんなものが届くか、ワクワクドキドキ感がネットショッピングの醍醐味だと
お考えのお客様もいらっしゃることでしょう。
私はアートフラワーの作品を手がけているわけですが、「情報量の少なさ」という不満を解消
できるように心がけています。特にウェディングブーケは、しょっちゅう買うようなものでは
ありませんよね。ほとんどのお客様が初めて手にするものでしょう。
不安を解消して安心して快適にショッピングできるよう、写真やテキストを盛り沢山にして
おります。ただ商品を陳列するだけではなく、アートフラワーがどんな幸せをもたらしてくれる
のか、どんな商品を選べば良いか、予備的知識の提供も意識しています。


お問い合わせに関して少しお話させていただきますね。
こんな経験はありませんか?お問い合わせやご注文をする際、無事に商品が届くのか
という不安とは別に、個人情報を送信することによって何か「悪いこと」が起きそうな
不安って無いですか?具体的にどんな「悪いこと」かはわからないけど、何かされるん
じゃないか?そんな気持ちは私も同じです。ちょっと問い合わせしただけなのに、ダイレクト
メールや電話攻撃に遭ったこともあります。それは信用のある大企業だとしてもつきまとう
不安です。私はお客様からメールアドレスを知ったからといって、執拗で不必要な売り込みは
一切いたしません。商品をお買上いただく場合はお名前・住所・電話番号などの個人情報を
いただくことになりますが、無断でダイレクトメールを送ったりするような営業も一切いたし
ません。私自身も不要な売り込みや送付物を送られるのは大嫌いですから。
ほとんどがゴミ箱行き(資源ごみ回収行き)です。紙がもったいないですよね。
ご安心ください。どんな時でもお客様の立場に立って物事を考えております。
「ちょっと聞いてみたいだけ」
「まだ買うつもりはないけど相談だけでもしてみたい」
大歓迎です。リアルショップは買わないとどうも気まずい雰囲気になったりしますよね?
まだ御納得いただけていないのに、どんどん代金や商品を決め付けてしまうような
こともいたしません。どうぞご安心してご相談くださいませ。オーダーメイドの場合
ならば貴重なお時間をいただき、私とお客様との共同制作で商品を作り上げていると
言っても過言ではありません。しばし人間×人間のおつきあいをすることでもあります
から、ウマが合わないということだって有り得ます。御納得がいかない場合は、ご遠慮
なくお断りください。気持ちよくお客様をお見送りしたいと思います。

最後に・・・。ブーケをお探しの花嫁さんは、ただでさえお式の打ち合わせや色んな
手配で大変なことでしょう。忙しいさなか、届いたブーケを手にした時に「きれい!」
「すてき!」「よかった!」と幸せな気持ちになっていただきたいのです。
そしてお式の日を待ちわびて、毎日眺めたくなるようなブーケをお届けしたいと日々
考えつづけております。
お客様の嬉しいお言葉をいただけるよう、日々努力をしていく所存です。


プロフィール  ■店主のコラム  ■店主の日記


A issyo special present!!
2005年11月に結婚式を挙げた親友の
結婚式と、それにまつわるエピソードです。
色内掛け、白ドレス、色ドレスに合わせる
ブーケをお手伝いしました。
当店をご利用いただいているお客様にも
その喜びと感動を分かつことができればと、
ささやかながらもこのページを立ち上げ
ました。どうぞごゆっくり御覧ください。

お問い合わせは【こちら】から



画像その他一切の無断転写・2次使用を禁じます