Dialy 店主の日記
店主はこんなふうにして日常を過ごしております・・・
当店にご興味をもっていただいたお客様が、もっと親しみを
感じていただけるよう日々の日記などつけております。

2007年3月11日

上:バッグブーケと記念撮影
下:本日のランチ

只今バリバリ新作デビュー中です。
すっごく可愛いバッグブーケも作りました。
あんまり可愛いので記念撮影してしまいました。
近日中にデビューします。可愛いものに目がない
花嫁さん必見です。Issyoならではの個性を
出しております。ポイントはワイヤー使いです。
去年からワイヤークラフトデザイナーMamikoに
ワイヤー製の器の製作を依頼しています。
今回はバッグ型ブーケを作るための器として
製作を依頼しました。横から見た時にハートの
モチーフを強調できるような柄にして、
適度な強度をもたせ、奥行き(ブーケの厚み)は
多すぎず少なからず・・・
と色々検討して、特製の器が生まれました。
店主が何故ハンドメイドのワイヤー花器に
こだわるかと言いますと・・・
まずワイヤーと花の相性の良さです。ワイヤーは
決して無機質な素材ではありません。曲げたり
巻きつけたりして、様々な表情を生み出します。
それがハンドメイドとなれば、血が通った表情が
生まれることになります。これは工場のラインにのって
作られる花器には絶対出来ないことです。
ハンドメイドの温かみと繊細な表情は、オリジナリティと
いう点でも重要なポイントです。ふたつとして同じ
物は無いことにも価値があります。
私はよく、定番の花材を使いつつも
他店には無いような個性をちょっと加えています。
個性と花がコラボして、「Issyoらしさ」となります。
そしていつしかお嫁にいったなら、花嫁さんの手に
届いたなら、「Issyoらしさ」は「花嫁さんらしさ」に
変わるのでは・・と思っています。
毎回ご馳走グルメ、すなわち特別なご飯を取り上げているので、今回は店主の日常の食事と一日に
触れてみましょう。(お!日記っぽい)
朝食は大体いつも同じ。ホットドッグとフルーツを入れたヨーグルト、カフェオレ。一通り家事が済んだら
メールチェック。お客様に渡しする書類を作成。そして発送の準備。あっと言う間にお昼。
旦那様のお弁当を作る際に自分用にも多めに作るのでそれを昼食にします。それか麺類が多いです。
米よりも麺類の方が断然好きですね。パスタ、ラーメン、うどん、蕎麦。ラーメンは韓国ラーメンが好きです。
辛いので体が暖まり、胃の底からエネルギーが湧く気がします。具はワカメともやし(なんて地味なの・・)。
うどんは鍋焼きうどんにすることが多いです。よせばいいのに真夏も鍋焼きうどんを食べたりしています。
パスタならトマトソース。にんにくをドバドバ入れて、たまねぎ、ベーコン、ひき肉、ホールトマト、バジルを
入れてガーっと作るんです。仕上げにチーズをドバドバ入れます。冷ご飯が余っていたならリゾットに。
でなければパスタ。ソースは多めに作って小分けにして冷凍します。そうすればメニューに困った時便利。
というわけで本日のランチはリゾット。我ながら上出来。
ついでに吉祥寺と最寄駅でのお勧めランチスポットなんぞご紹介しましょう。
SEINA CAFE
ランチはパスタやご飯類から選べ、どれも美味しい!
ドリンクはソフトクリームがどん!と乗ったアイスコーヒーがお勧めです。デザートにケーキもついてきます。
旺旺(わんわん)
台湾小皿料理のお店。お値段がリーズナブルです。賛否両論ありますが私は結構お気に入りです。
豚肉のかけご飯がお勧めです。海鮮焼きそば、八宝菜も美味です。
ティーヌン
西荻窪にあるタイ料理屋です。タイ料理って結構いいお値段しません?
ここはリーズナブルです。辛くて酸っぱいトムヤムラーメンは癖になります。
フェリスフー
荻窪にあるカレー屋さん。小さくて可愛いお店です。激辛のマトンカレーは絶品です。
※マトンのクセが苦手な方にはお勧めできません。

本当は気分転換に一人ランチを外でしたいところなんですが、アイディアが思い浮かんだらすぐさま
作業したくてたまらなくなるため自炊が主です。ランチが済んだら集荷の依頼の電話をします。
佐川さんを待っている間、製作かお客様専用サイトの製作。夕方近くになってくると小腹がすくので
おやつを少々。果実類が多いですね。それかチョコレートなどの甘いお菓子。一息ついたらまた製作。
佐川さんがやって来て発送が済んだらお客様にメール。日が落ちるころに商品の撮影をします。
夜、旦那様が帰ってきたら一緒に夕食。旦那様はダイエット中なので、野菜が中心の献立です。
サラダは必須アイテム。夕食後にちょろっと作業して一日のお仕事は終了。お風呂に入ったら旦那様と
喋っているかネットサーフィン。就寝前にピアノの練習。しかし先日のスキーで手首をひねったのか、
痛みがあるので最近さぼり気味。そんなこんなで一日が終わります。

スキー新調しちゃった!
(実はどういうわけか中学時代に親に買ってもらった
スキーを使い続けていました。旦那様には
『そのモデルは太古のものだ』と言われながらも。
どうせ年に1〜2回しか使わないから間に合わせで
いいや〜と思っていたのですが、さすがに安全面に
不安を覚えたので新調。)
ビンディングの調子を確認中。ついでにお茶飲み中。
ナニやってんだこの人!?と思われることうけあい、な
なんとも不思議なショットになりました。
今週もまた志賀に行きます。
幼馴染の意識がまだ戻らないようです。せめてお見舞いに行ければと思うんですが、情報不足なため
病院がわかりません。行っておじさんとおばさんを元気づけてあげられたら・・。何もしてあげられず
待つだけの日々です。しーちゃんの回復を心から祈っています。競馬ファンの方ならこの事故を
ご存知かもしれませんね。彼を応援してくれると嬉しいです。

2007年3月1日
週明け、ショッキングなニュースが舞い込んできました。
幼馴染で騎手の「しーちゃん」が落馬して、意識不明の重体に。まだ意識が戻らないので
心配する日々です。詳しい容態を知りたくても、しーちゃんの両親は現地入りしているらしくて
ずっと留守。だからインターネットにちょろっと載る乏しい情報を拾うしかない。そして祈るしかない。
・・・もう12年も会っていなかったけど、いつか機会を作って皆と再会できればとは思っていた。
幼稚園に一緒に通った幼少期。よくケンカしたもんだ。騎手になって各地で活躍するしーちゃんを
時々気にはかけていた。社会人になった今、日本各地にいる皆と集まるのは奇跡に近いことだ。
でもどうにかならないかな。そんなことを時々考えていて、今回の事故。頑張れしーちゃん!
復活したら、今度こそしーちゃんの勇姿を見に行くよ!だから一日も早い回復を、毎日東京から
祈っているよ。早く元気になって!早く目を覚まして!!頑張れ しーちゃん!!!

久しぶりに旦那様の同僚のK氏が遊びにきました。通称「研究員」(旦那様をはじめとする人々は
「K君」と呼びますが、私は「研究員」という響きが好きなのでそう呼ばせていただいてます)。
今宵の晩餐は研究員たっての依頼でザンギ、それとお鍋、刺し身、サラダなどなど。
酒好きの研究員とまずはビールで乾杯。めでたいことに研究員は4月に御結婚。
なんとお花のオファー!遠方から祝福に駆けつける方々が宿泊するホテルに、チェックインの前に
お花と御礼のお手紙をセッティングするという粋なはからいをなさるとのこと。そ
のお手伝いをさせていただくことになりました。ビール片手に大まかな打ち合わせをしました。
なんでも、ディズニーリゾートで挙式・披露宴をやりたかったのに、桁が一個違うので断念したとか。
ミッキーマウスを披露宴会場に呼ぶのはオプションでン〜万円かかるとか!
ネズミやアヒルは全部パッケージされていると思っていたので、この話にはたまげました。
で、新しく出来る舞浜のホテルに決めたそう。現在BGMの取り決めで煮詰まっているそう。
新婦はディズニー系。研究員はタランティーノ系。いくらなんでもタランティーノの類は
ウェディングには不向きかと・・・。
研究員とゆっくりお話して、実はすごい人なのだと改めて知りました。
学会で論文を発表する、その道では有名なお方らしい・・・。学会って・・・!
ウチの旦那様ったらこんなお方に慕われていたとは・・・これまた驚き。
研究員からお花のオファーいただけるなんて光栄極まりないです。研究員が左脳の人なら、
私は右脳をばしばし働かせて期待に応えますよ!頑張りますよ!
研究員と旦那様の会話はやはり仕事絡み。主婦の私がついていける内容ではないのですが、
ここはビジネス主婦の本領発揮。酔っ払いよろしく、無理矢理会話に入って持論を展開してみました。
研究員&旦那様:「会社のブランドが手枷になって自由にやれないことがあるよね」
私:「ブランドがあるのはすごいことじゃない?ブランドがあるからこそ恩恵受けてきた部分もあるでしょう。
私なんざ何のブランドも掲げてないでもお客様の信頼をいただいているのよ!個人商店と
大企業は規模が違うって?一人でも人間相手にしてる以上、会社の方針で左右されるてのは
甘えよ甘え!!はたらけー!!」
以上しがない主婦の持論。
そんなこんなで終電ギリギリまで面白いお話を聞かせてもらいました。次回は奥様もお連れください。

いきまっせ!
ウエアに着替えて板を
運ぶ姿を見た
旦那様が一言
「洋服が歩いてるみたい」
さて話は変わります。先日志賀高原に行ってまいりました。スキー三昧してきました。
1日目、夜に出発。埼玉のはずれのサービスエリアで就寝。朝、志賀高原に到着。
まずは横手山へ。山頂にあるヒュッテではボルシチが有名。日本で一番高い場所に
あるパン屋でもあります。焼きたてのパンと絶品のボルシチで腹ごしらえして、
さぁ滑走だ、ジャンプだ。
「膝に乳酸が溜まり始めたよ〜」と泣き言をぬかす旦那様に鞭を打ち、志賀高原の
ほぼ全山を制覇。
2日目。旦那様の仕事仲間6名と合流。どなたかの奥様でもいらっしゃればと期待して
いたけれど婦人は私一人。でも平気でブイブイ殿方に付いて行く。なんせ6歳から
スキーやっていますから。フォームは自己流なのであまりカッコよくないけど。
8人乗りのゴンドラの中は7人の殿方+私。さすがにむさくるしい。なんだか面白い絵面。
「この会、レジャーというよりアスリートの集まりみたいですね。」
「みんないいトシになってくから、毎年ふるいにかけられて人数減っていくんじゃない?」
焼額山をがんがん滑る。滑走禁止地帯にも進入。
名づけて「りんりんコース(林間コース)」。
2日間滑り、さすがに体がこたえてきた。体じゅう痛い。
3日目は滑らずにゆっくり帰ることにした。
途中道の駅で大量のそばと林檎とイチゴとキノコを購入。
横川のサービスエリアにてラーメンと酒まんじゅうを食べる。
スポーツやっていたのに何故か1キロ太ってしまった!
なにゆえ!どないしましょ。それではごきげんよう。

アスリート軍団。真ん中の赤いのが店主です。

ボルシチときのこ雲シチュー。どうも越前クラゲを連想してしまう。
気圧のせいか、朝起きたら顔がむくんでいました。

夕食に信州牛と信州蕎麦が!
太るのも無理ない。


ムンクが描いたような前衛的な
雪だるま発見。
これ作った人天才!
思わず撮影。

2007年2月9日
あっと言う間に1月が過ぎてしまった・・・!これまた「日記」でなくて「月記」。
「あんたの月記楽しみにしてるよ〜」と色んな人から言われております・・・。
さて、1月と2月は和のお花が大人気の月でした。ヘッドパーツに色内掛け用のブーケ、
沢山のお花が「お嫁」に行きました。
現在、可愛いボールブーケを製作しています。2月中にはお目見えします。
さて、「グルメ日記」と化しているこの日記。今回もそれでいってみましょう。
仕事上お世話になったことがきっかけで、今や奥様とお子さん(2歳)の家族ぐるみで
お付き合いさせていただいているS夫妻、そしてIssyoで定番になりつつある
ワイヤークラフトデザイナーMamikoさん(彼女はS氏の奥様のお姉さんなのです)。
今回はみんなでわいわいと宴会しました。今宵の主役はタラバガニであります!
きっかけ・・・S氏とウェブ関係や各方面のビジネス談義等をメールしていて、
とある日カニ談義になりました。カニの話題が出て店主の道産子魂を発揮しない
わけにはいきません。
店主の持論その1:カニを堪能するなれば、鍋や刺し身は邪道である。
カニはボイルにつきます。鍋の具にすると、旨味がダシとなって流れ出てしまい
カニ本来の味とは異なってしまう。身が厚くてしまっているカニ(タラバがベスト!)を
活きたまま調達する。それが駄目なら水揚げ後すぐにボイルしたのを直送。
冷凍なんて論外(解凍すると身が痩せるため)。
店主の持論その2:カニの身を取り出すための器具や調理用ハサミを使うなんざ邪道である。
あれ、使い慣れていないと身がぐちゃぐちゃになるんです。包丁一本あれば良い!
包丁で足に2箇所切り込みを入れる。そして殻を「バカッ」と開けたらあとは手を使って
身を取り出し、塊のまま頬張る。
・・・というような熱く持論を展開し、道産子魂をお披露目し、では「お取り寄せ」してみよう
ということになりました。いまやネット通販でいくらでも安いカニがゲットできます。
でも道産子魂にかけて失敗は許されないわけです。
ここは独自のルート、名づけて「母ルート」を使わせてもらうことに。
札幌の母は行きつけの市場で顔が利くため、一番確実と見込んだのです。
きっと「ヘタなもの送ったら承知しないわよ〜」などと釘を刺してくれたのでしょうか?
ベストオブタラバがはるばる北海道からやってきました。
カニは夕飯にまわし、まずはお昼。S家族と我々夫婦は
埼玉名物「フライ焼きそば」を食べに行きました。
初めての味でした。まず見た目。焼きそばはそのまんま
焼きそば。そして「フライ」。でかっ!「フライ」はお好み焼きに
似た形状でとにかくでかっ!このお料理、上野流に一言で
表すのなら「有頂天」。私が女子高生だったら毎日帰りに
寄り道して食べてしまうかも。美味しいのでどんどん
食べているのに、全然減らない。かなりの量を平らげました。
店内を見回すと近所の人とおぼしき子連れから学生まで。
多分地元の人に愛されているのでしょう。
埼玉名物フライ焼きそば、皆様も是非お試しあれ。
その後はお腹をならす為にボーリング。私も旦那もじつにン年振り。
S夫妻もン年振り。いざ「S家VS上野家」。わたくし、自称運動神経は
悪くはない方なんですが、ボーリングは滅茶苦茶下手です。
「遊びなら何でもまかしとけ!」な旦那様に、ここは点数を稼いで
もらおう・・・。が、しかし旦那も泣けてくるようなスコア。
一方我々より若いS夫婦。さぞかし目にモノを見せてくれると思いきや、
皆で仲良くガタガタのスコア。それはさておき、投球の合間に2歳の
「はー君」と遊んだりしてとにかく楽しいボーリングでした。
S邸に着き、奥様と一緒に夕げの仕度。男性陣ははー君のお守。
用意が整ったところでMamikoさんもやって来て久しぶりに再会。
商談は後程ということで、まずは乾杯。是非奥様にお付き合い願おうと
持参したシャンパン。こういう場なので景気よくコルク栓を
ぶっ放してみよう!と提案したものの、手元が狂って私の手中で
呆気なく「ポ」と普通に開いてしまいました。
そんなこんなで新年会スタート。お待ちかねタラバガニ。
「活きたカニと、はー君を対決させたかったですね〜」とS氏。
危ないですってば。はー君喰われちまいますって。
私はがっつんがっつん包丁を入れて、皆に振舞いました。
身がぎっしり。さすが母のお見立て。一通りカニをさばいてから、

2歳のはー君も投球!惜しくもガーター。
しかしその後ママが投球して見事スペア。
なんて美しい親子合作だ。

これが活きていたら確実に
喰われてしまいます


今宵のご馳走と鎮座するタラバガニ
奥様の手料理をおいしくいただきました。
他のご家庭のお料理は気になるものです
(一応わたくしも主婦なので)。
里芋の煮物がおいしい・・・。私はこんなきれいな色に
仕上がったことが無い・・・。後でレシピを教わろう
(が、酔いが回ってしまって聞くのを忘れてしまった)。
ひとしきり食べて飲み、Mamikoさんと大事なご商談。
Mamikoさんの器は御覧の通りサイドの柄に特徴があります。
ハートのモチーフや計算された曲線、どれをとっても
繊細で重要な見どころの一つとなっています。
今企画しているのは四葉のクローバーを模したバッグ型の
ブーケで、そのための器をと話すと
「私も四葉のクローバーのモチーフで何かできないかって
考えてたんです!」
と嬉しい一言。「あんなのはどうかな?こんなのもいい!」と
考えている時間は楽しいです。モノ作り、ことにハンドメイドは
そこに旨味があります。手にした人に何かを感じて
いただけると思うのです。既製品にはない温かみと拘りが。
沢山の思いを紡いで積み上げて、喜ばれて、それが次に
つながっていくものです。Mamikoさんもその点が同じのよう。
だからこそIssyoの肌に合うわけです。だからこそパートナーに
なったわけです。
かたわらでは旦那とはー君がすごく楽しそうに遊んでいます。
ものすごい大きな子供と小人が戯れているみたいだ・・・。
最初ははー君とどう接して良いかわからなかったけど、
今は抱っこできるようになりました。なまらかわゆい!
私&旦那:「ウチの子になるかい?」(さらっていく気も少しアリ)
パパのS氏:「じゃあ30泊31日でお願いします!」
ほんとに連れてっちゃいたい!
散々なボーリング、沢山のご馳走とワイン、楽しい商談で
満足な一日でした。
やったー
仲良しになった〜♪

※人さらいのような危ない目をしていますが、店主です


次のページへ


プロフィール  ■店主のコラム  ■店主の日記


A issyo special present!!
2005年11月に結婚式を挙げた親友の
結婚式と、それにまつわるエピソードです。
色内掛け、白ドレス、色ドレスに合わせる
ブーケをお手伝いしました。
当店をご利用いただいているお客様にも
その喜びと感動を分かつことができればと、
ささやかながらもこのページを立ち上げ
ました。どうぞごゆっくり御覧ください。

お問い合わせは【こちら】から


使用しているお花は全てアートフラワー(造花)です。実物のお色・質感をお見せするために最大限の
努力をしておりますが、お使いのパソコンやディスプレイによってはお色が異なる場合もございます。



画像その他一切の無断転写・2次使用を禁じます